2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:09:22
超望遠の世界っちゅうのは
描写がええレンズほど
二次曲線的に逝く。
という法則があります。

何が二次曲線かというと
・値段
・重さ、大きさ

非常に悪循環な世界やわ。

値段は高いわ、重いわで、何かに付け基礎体力が必要。

自分的には300mmの明るいヤツが限界やろうと思てたんやけど
これを2日続けて使うのは、かなりハードやわ。。。

と思い始めております。

岐阜、新田原と、あえて動き回ってみて、
レンズの重さに負けた。。。と思いますわ。(_ _,)/~~~ コウサン

というても、
大口径レンズには憧れもあって、
手放す気はさらさらおまへんが、、、、

そんな超望遠ワールドに比べたら、
広角~望遠域は、けっこう安いですわ。

そしてマクロもしかり、

超マクロの世界、
リバースレンズなら、かなーりお安くいけます。

そんな摩訶不思議な世界をパチリ・・・
 
スポンサーサイト

Theme:撮ってみた Genre:写真│ Category:不思議│ コメント:--│ トラックバック :--
21:11:11
謹んで初春のお慶びを申し上げます。 
 
そんな訳でして、
  
まずは、今年の干支から
 

Theme:撮ってみた Genre:写真│ Category:不思議│ コメント:--│ トラックバック :--
13:24:42
ブルーインパルスの2010年度スケジュールが発表になりましたが、
はたして、今年は何回見に行けるんやろか?
岩国を皮切りに!と思ってるんやけど、
岩国で終わったりして、(^_^;

さて、昨年に何度も撮影チャレンジしたものの
うまく撮れんかったんがハダカカメガイ

そんな訳で、今年も撮影しにいってきました。

といっても網走まで行く訳にもいかんので、
地元の水族園に、、、

こんな感じになりました。



11:21:33
結局、スウィング・オブ・ライツのリベンジはできまへんでした、、(;´Д`)
いつでも行けると思っていても、なかなか行かれへんもんですな。

そして、夏休みも終焉やねぇ。。。

行こう!神戸キャンペーンのメインイベントも先週でおわり、
観光都市神戸から客を遠ざける原因になった豚インフルが
再び、全国的に猛威を振るってきてます。

なんか変な悪循環になってる感じですわ。

その行こう!神戸やけど、けっこう活用させて頂きました。
あちこち行きまして、特にスマスイは数回。。。。(^_^;
イルカショーはえげつない混雑で
夏休み中は見られへんかったけど
その他はいろいろと見て撮って、、、、って感じでした。

そんで、被写体としてチャレンジしたくなるんが、これ!
ハダカカメガイ!

クリオネのことです。。。。

この水槽はかなり暗いんで、
前回の撮影は激しくぶれまくりっちゅうわけで、
今回はアンダー目でSSを稼いでみました。
けど、、まったり動いてるように見えても
実際にはそれなりに動き回ってるんで、
けっこう大変なもんですわ。
さらに、、、タムロンのマクロだとAFが遅くて追いかけるのが大変。。
マクロもAF速度が欲しくなってきましたわ。(^_^;

結果的に、、、今回はちったぁマシ?
暗い方が幻想的でええかな?
※肉眼でみるともっと明るいです。
SUMASUI0908_001_h.jpg

しかし、行くたびに数が減ってますわ。。
最初に見たときは水槽にたくさんおったけど
最後に行ったときは、数匹。。。貝だから数枚?w
SUMASUI0908_002_h.jpg

なお、ハダカカメガイの水槽は小さく、それなりに混雑してるんで、
撮影で独り占めできんので、けっこう大変でしたわ。(^^ゞ

10:21:27
(2008.09.06,10:21補足記事を赤字で追加しました。)

えらい前なんやけど、
広角レンズをリバースして使うと
等倍以上の倍率で撮影できることを書いた。

記事はこれ


まぁこんだけ拡大できれば、いろいろと応用は利くんやろうけど、
かなり限定的な目的で使ってるんですわ。

何を?
粘菌を撮影するためだけ
といっても過言ではありまへん。

皆さんは粘菌ってのをご存じ?
粘菌は、時に動物、時に植物、時に菌類と、
いろんなものにかわる不思議な生きもん。
もちっと知りたければここを見てんか。
※リンクURLを変更しました。

でやね。この生きもんは、大きくなったり(ときに数メートル)、小さく(ミリ以下)なったりする。
そんで、最後は子実体になって子孫を残し、そして死ぬ。。。
この子実体、大きいモノは数センチ、普通は数ミリ程度と非常に小さいんです。

しかし、とっても不思議なカタチをしている。

そんな奇妙なものだからか?かの南方熊楠も研究したんですよん。
そんな訳で、まずは3種類ほどご紹介。
けども、、名前は書きません。(ё_ё) キャハ!
興味があるならググリまくって調べておくんなませ!

と思いましたが、それではあまりにも難しいかもしれんので、
一番下にどんな種類かを記載しておきます。


※画像をクリックしたら大きな画像がでまっせぇ
DSC_5701_変形菌_up

DSC_5707_変形菌_up

DSC_5698_変形菌_up

ちなみに、この粘菌に興味があるのは愚息です。
※俺もまんざらやないけどね。
画像はすべて愚息の標本の撮影っす。
つまり、わたしゃ助手ですわ。(^_^;
こんな小さいもんを歩きながら見つけよるから凄いです。

なお、子実体の撮影やけど、D300を買うまではいろいろと大変でしたわ。。
とにかく小さいもんやしね。
それがD300の非常に使いにくいライブビューのおかげで
撮影がかなりしやすくなったんですわ。
高感度NRや12Mピクセルの恩恵でもある。

最後にやけど、粘菌っておもろい!とお思いの方で、
他の写真も見たいって人がおりましたら拍手ボタンを押してください。
近いうちに第2弾を載せますぅ。(^o^)

1枚目 サカズキホコリの仲間 子実体の大きさは0.5mm以下
2枚目 モジホコリの仲間? 子実体の大きさは0.5mm以下
(じつはこれ同定ができておりませんでした。(^_^;)
もし、この粘菌の名前がおわかりの方がいれば、コメント欄にて連絡をください!
一応、某博物館の学芸員の先生にも同定を依頼したけど、これはわかりませんでした。
3枚目 ウツボホコリの仲間 子実体の大きさは数mm


プロフィール

旧姓gb4

Author:旧姓gb4
お越し頂いたのはありがたいのですが、
このブログは更新を停止してまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

機材は一流、腕は三流。
平均二流という
無念なオヤジのブログです。

とは申せ、せっかくお越し頂いたのだし、
気に入った写真とか、
ネタとかがあれば幸いです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。