2008/05«│ 2008/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2008/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:25:13
SIGMAの150-500は皆さん気になっているようですなぁ。
アクセス数がすごいので驚いていますわ。(^_^;

しかし!俺的にはカルガモ物語を超える作例がないので、
まずはこちらんをごらんください!といいたいところです。www

さてさて、先日に紹介したMFレンズの28mmだが、
もちろん、普通に使う訳がありません。そりゃそうだ、( ´,_ゝ`)
このレンズはマクロ用に買ったのです。
※ヤフオクで5000円以下でゲットです。

マクロ?何言ってるんじゃ!という方も多いと思うので参考になるURL。。。
つまりこういう使い方。<=こちらに同じ使い方の説明がでてるので参考にしてもらいたい。
こうすることでここまでよれると、
★撮影してるのは物差しである。
 見ての通り長辺が11mmくらい。
超マクロ


これで何を写すか?それは近日中に公開します。
※ぢらしてすんません。画像を用意するのに手間がかかるので、(^_^;
スポンサーサイト

22:28:23
本日発売(実際は1日前倒しで売ってらしいけど)のSIGAMの超望遠ズームを入手しましたので
テレ端(500mm)のフルサイズ画像を貼り付けておきます。(・∀・)
※JPEGダシの画像を再圧縮で500KB以下に落としますので劣化がありますわ。
サイズがでかいので期間限定です。1週間くらいでフルサイズ画像は消しますよん。
なお、f11はブレが入っているようですが、撮り直すのが面倒なのでこのままで、
ひょっとしたらピンがややズレかも、

っで、本当なら郊外で撮影といきたかったけど
今日は一日ぐずついた天気で外で撮影は十数ショットのみ、、、無念!

とりあえず個人的な感想(第1印象)は、
1.値段のわりに良い描写、500mmはここまで写れば良しとすべし、
2.AFはそれなりに速い、大口径のレンズと比べると遅いだろうけどこれで十分とすべし、
3.手ぶれ補正はニコンのVRとは違うけど、なかなかいい感じ
  ただし、流し撮りはモードを変えないといけないという不便さがある。
  しかし、値段を考えればやむしとすべし
4.重い!これは買う前に根性いれるべし
5.ズームリングがニコンと反対で、時々戸惑うけど、これは慣れるべし
以上です。(・∀・)アハハハ
★f6.3
f6.3

★f11
f11

★f16
f16


※実際のところ、使い出すと不満がでそうな予感ありだけど、特に流し撮り



23:39:48
前回は小さめの鳥、今回は大きめの鳥を流し撮り
カルガモは背景が飛んで流し撮りには見えませんわ。(;´Д`)
※今回の画像はすべてノートリです。
★アオサギ 高画質だとサイズが大きいので低画質で、、、ちょっとブロッキーですな
アオサギ_004
★カワウ
カワウ_005
★毎度おなじみカルガモ
カルガモ_54546

22:59:45
コアジサシ探索の合間とでもいいますか、
俺の使っている機材の紹介と、その感想を記しておきます。

ボディ
・D300
現在の主力。基本的良いカメラであるが以下が不満。
コントラストの弱い動体に合焦しにくい。明るさは十分でもダメなのよね。
これはD2Hと比べても劣る。梅雨空のコアジサシ撮りでは苦労してます。
発売前は夢のAFかと思われた3Dトラッキングは動体撮影ではまるで使えず。
動体には不向きでも、静態を撮影するときは案外便利なのよね。

・D2H
ニコンデジイチで初の失敗作?1年を待たずしてモデルチェンジ
おかげで一桁カメラをおやすく買えました。
ダイナミックレンジが狭いけど、ISO200で使っている分には
特に問題なし。秒8コマ連射はまさに快感です。
俺が利用したデジカメで主力であった期間が最長である。
ちなみに過去に買ったデジカメの利用期間は最大で1年弱。
D2Hは2年半も利用した。これからも時々使おうと思ってます。

レンズ
・SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM
前玉のまるまるしさに惚れて買いました。この球面はなんていうか、見ていて楽しいです。w
レンズの描写はまずまずだけど、ワイド端付近ではAFでは合焦しないことが多い。
そんでこのレンズ、シグマにありがちな組み立て精度のバラツキで
方ボケが発生のため速攻で交換。
ところが交換したレンズも方ボケ、、結局、2度の交換でやっと使えるレンズになりました。

・Ai 28mm F3.5
唯一のMFレンズ。このレンズの利用方法については近々書き込む予定。
乞うご期待?

・AF 35mmAi AF Nikkor 35mm F2D
APS-Cの標準レンズとまで言われ、一時期は品薄でプレミアものだった。
レンズの描写は単焦点らしくまずまずだが、解放では周辺がやや甘い。
絞ると文句なし。

・AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
俺が持っている唯一のDXレンズ。
いわずと知れた超万能レンズで、発売して数年経つし、けっこう値段が高いけど、
根強い人気のレンズです。
ただし、このレンズ、描写がいまいちなのよね。
ワイド端では樽でテレ端では糸巻きと高倍率ズーム定番の収差あり、
特にワイド端はちょっとうなるくらい、、
っで、描写が甘い。トータルでもカリカリ感はいっさいなし、
さらにAF-Sなのに合焦が遅い。 という不満があるけど、
10倍ズームの便利さでついつい使ってしまう。(^_^;

・AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF)
ニコン2台目のVRレンズ。発売当初は方ボケでまくりで一時出荷停止になっていたもよう。
俺のレンズの例に漏れず方ボケ発生で、ニコンに2度も修理に出した。
上の18-200と描写面ではとんとん?合焦がそこそこ速いから時々使ってます。

・AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)
いま一番お気に入りのレンズ、レンズの描写、AF速度共に良し。

・Ai AF VR Zoom-Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D
レンズの描写は並という感じ、望遠5倍ズームで使いやすい。
ただし、AF-Sではないので合焦が遅いです。なので、ピントがさっとあったときはいいのだけど、
ピントがずれたり、動体をおかけている時など、合焦まで時間がかかってしまうことがある。
このレンズは近々引退予定です。

・TAMRON 90mm SP AF90mmF2.8 Di
MF時代からのマクロの定番レンズ。(という訳でMF時代からこの90mmも持ってます。)
描写に関してはピカイチ。この値段でこの性能は3rd製だからできたのでしょうね。

メディア
・SAN EXTREME IV 8G
・Lexar PRO UDMA X300 8G
メディアに関しては、断じてSANがよろしい。これはD300との相性なのかな?

以上です。長々とお読みくださいました方には感謝!
しかし、こうやってリストアップしてみるとVRレンズが多くなったものだ。。。

00:13:25
2週間くらい前か?いつものようにコアジサシ通いをしていたんやけど
なんとなしに減り始めているような気がした。
何が?もちろんコアジサシ君達
そして、先週末から今週と、
まったくといっていいくらいに見られなくなった。

なんでや?

すでに営巣し抱卵しても不思議じゃないはずやしなぁ、
餌場が変わったのかしら?
いやいや、それはありえんやろう。。。
その反対に子供が巣立ちしたって豪州への帰路についた?
それもありえないと思われる。
ひょっとしたら、、、言いたくはないが、
可能性として工事中の更地を追い出された???
とはもうせ、事実は闇の中。(;´Д`)

数百羽はいたはずの鳥が突然どこかに営巣地を変えるのは至難の業。

だとしたら、場所はそんなに大きく変えてないはず。
しかし、望遠であちこち捜しても姿は見えず、なんでやぁぁ????

そんな訳で、またまたコアジサシ君達の捜索が始まった訳です。(;´Д`)
在りし日のコアジサシを張っておきます。
コアジサシ080624
コアジサシ0806242

00:45:13
今日も紫陽花。。。
撮影は今日じゃないけど、、、
※写真の整理がおいついてませんわ。(;´Д`)
あじさい015
あじさい025
あじさい035

00:20:53
以前にツバメの画像をお見せしたが、
その際、諸般の事情でボツになったものをあげることにした。
もちろんあげるには理由がある。
珍しい?ということや。( ´,_ゝ`)
ごらんの通り、蛾or蝶を捕獲したツバメ。
ツバメってこんなにでかい虫を食ったっけ?
と思いながらファインダーで追いかけていると、
その直後に逃がしましたとさ、、、(・∀・)アハハ
※残念ながら逃がした後の画像はピンボケ。。。
つばめ6145
つばめ6147

22:59:22
なんとなく、たちの悪い天候が続いてます。
素直に雨、晴れ、くもりと行けばええねんけど、
曇りかと思えば雨が降ったり、そうかと思えば時々晴れ間がでたりと
天候が不安定・・・
そんな訳で、今週も遠出もなしでちょっと無念な感あり
まぁ梅雨だからしゃーないか、、
ガソリンも高いし、こういうのもわるくない??
という訳で、季節の花を一枚 と思ったけど二枚。(^_^;
あじさい00
あじさい

22:01:47
なにも語るまい。
面白ければ拍手を押してね。( ´,_ゝ`)プ
注!:今回のブログはモバイルではきついです。

1から順番にクリックしてください。そしたら画像がでます。
1 成長
2 運動
3 挫折
4 叱咤

※ちなみに続編の予定はありません。
↓拍手ボタンってこれでっせぇw

20:08:24
という訳で、最近撮った飛び鳥ものをば、
注:コアジサシ除く
やっぱ鳥は飛んでいるとこを撮るのが一番楽しいです。(・∀・)
※カモとチドリは某サイトにアップしたのと重複
★カルガモ
カルガモ
★ムックルじゃなくてムクドリ
ムクドリ008987
★コチドリ
こちどり02454

今週末も行きたいけど、天気が悪そうや。(;´Д`)

22:44:01
ツバメを撮りに行った日、そのあとで、カワセミを撮りに行った。
そこでとんでもないミスを犯してしまった。

ほんまアホなミスですわ。(;´Д`)

ツバメもそこそこ撮れたので、気分よくカワセミの公園にいったのだけど
なんと、カワセミとの相性が良かった訳です。
公園を子供とぶらぶらしてると
曇り空の湖面をはうように飛ぶカワセミを何度も目撃、
もちろん発見からファインダーに納めるまではコンマ3秒!
とはいかんけど、数秒で納めて連射しまくり、
ピントもきていたようで、これは小さいけどいい感じでは?
と内心ではほくそ笑んでいた。

ツバメにカワセミと、なんと収穫のあった一日だ!(・∀・)イイ!! 、、って感じ、

っで、帰えりしなにカメラのモニターで画像を見て、、

なんや、この淡い黄色の画像は、それも何枚も何枚も、、、

うん?よくみると画面中央に淡い水色の点が、、(^_^;;;;

無念カワセミ
※画像は臨場感を出すためノートリ、ノーレタッチで
 ボディモニターと同じくらいのサイズにリサイズ

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

露出は大オーバー!しかも、シャッターゲキ遅いでぶれまくり!という画像が数十枚。。。
しもた、ツバメの時の露出をプラスにしてたの忘れとった。。。。。。

まさに言葉を失った・・・・

まとめ

ツバメ設定のままカワセミに挑んでしまった。
ツバメはボディが黒つぶれしないようにプラス補正、
カワセミは背景が暗いので、背景に釣られてオーバーになる。
だからマイナス補正、
※本来ならスポットorマニュアル露出が望ましい!
結果、背景の暗い部分に露出が引っ張られ、
カワセミはもっと明るく、ほとんど飛んでしまったと
まー実際飛んでる写真だし とんでもヨシとするか!(ё_ё) キャハ!

(;o;) ワァーン!

とこれで終わりではつまらん。
その画像の中から、
使えそうなヤツを選んでレタッチでここまで仕上げました。
小さいからなんとなく雰囲気あるでしょ?
アップではお見せできません。www
カワセミ失敗01
カワセミ失敗02


それで昨日の答え!
答えはトラギスでした!

22:11:21
コアジサシを超トリミング
くわえている赤い魚、シャープかといえばいまいち感があるんやけど、
けっこうわかりますよね?
_コアジサシ_D2H_04_ps
ここで問題、これはなんという魚でしょう?
答えは明日。(・∀・)

この画像をじっと眺めていると、
コアジサシが鼻歌を唄いながら飛んでいるんじゃないの?
って気がしてくる。(^_^;

23:19:41
D300を買ったのが昨年の11月?いわゆる発売日前日ってヤツ。
その日を境に防湿庫の番人として君臨してきたのがD2H。w
2年6ヶ月も俺の相棒だったのだし、たまには使ってあげないとね!(・∀・)

という訳で、コアジサシ狙いでいってみました。

まぁなんていいますか、
撮影ポイントでは可能な限り撮影しくした感もあり、
D2Hと70-300の組み合わせではどうだろうか?
という興味もあったので撮影してみることにした訳です。

まずは画像をごらんあれ、
_コアジサシ_D2H_01_ps
_コアジサシ_D2H_02_ps
_コアジサシ_D2H_03_ps

最初に言いたいのは、D2H云々ではなく、コアジサシは青空が似合いますね。
ということ、
最近、曇りが多かったので、なんとなく気分がいいですわ。
っで、D2Hだけども、
・D300のようにフォーカスが外れた際の一時的なフリーズがないのはグッド
・ピントがジャストなら画素数分のしっかりした画像が撮れる(あたりまえ)
・ボディ全体のデザインはクールやなぁ、操作もナイスですわ
という長所がある反面
・ピントが背景に引っ張られることが多い
・ダイナミックレンジの狭さはいまとなってはちょっと厳しいか
・ファインダー、けっこう暗いなぁ、D300の方が明るいですわ
・AF-Cの追従はD300と比べるとやや劣るような気がする
という短所もありました。
バシっと決まれば文句ないけど、ちょっとミスると修正がしんどいって感じかな?
相変わらずのじゃじゃ馬っぷりですわ。( ´,_ゝ`)プ
やっぱ、こういう人間がカバーする部分があるってのが好きやね。

※2枚目の画像を差し替えました。6/18

21:22:55
という訳で?
前回のつばめ撮影は、いまいち感を拭えない写真ばかりだったので、
これじゃいかんと思い、本日の再チャレンジとなった。
とはいっても、前回と比べて天候が悪く、
その影響でつばめが空高く飛んでくれない状況。
つばめが空を背景に飛んでくれないと、
AFを合わせるのが大変やろうなー。。。
そうは思ってもどうしようもない。(;´Д`)

明るさも足りんので、シャッター速度の確保のため、
やむを得ずISOを800まであげた。
※D300を使い出してから、こういうことができるのが便利だわ。

前回の失敗を糧に撮影方法を対策しつつも
低空で飛ぶつばめを追いかけるのはほんと大変ですわ。
はっきりいってピントが合いません!
たまに空高く(といっても10mくらい?)飛ぶつばめをうまく納めても、
曇り空ということで、つばめの黒が完全につぶれている。(/・_・\)アチャー

っで、現場であれこれを考え、歩留まりが一番良いと思う
たんぼを低空で飛ぶつばめにターゲットを絞り込んで撮影。
たんぼも横ではなく見下ろせるポジションであることが理想。
結果、これがなかなかドンぴしゃだった。
と個人的には大満足しております。
まぁいまの俺の腕をもってしたらここいら限界だと思われ、、、

なお、写真はいずれもリサイズの上、トリミングしてます。
ややノイジーなのはISO800に加え、USMを多めに掛けているからですわ。
↓たんぼを横切るつばめ、尾羽で調整しながらムシを追いかけている。
つばめ03_02
↓こちらに向かってくるショットはなかなか難しいです。
つばめ03_04
↓反時計まわりかと思うと、こんどは時計まわり、忙しいです。
つばめ03_07
↓まさにムシを捕獲した瞬間ですわ。(・∀・)イイ!!
 口元をごらんください。ムシの断末魔が聞こえてきそう。
つばめ03_09
↓横切るかと思うと急旋回、忙しい鳥ですなぁ、
つばめ03_10
↓前回に比べてAFの追従もマシになったけど、天候にはかないません。
 顔がつぶれています。
つばめ03_11


という訳で、あと一回は同じ場所でチャレンジかね。次はそこそこ明るい日に、、、

20:43:08
つばめの尾の短いのがメスで、長いのがオスだそうですわ。
それだけ、(^_^;

とりあえず、本日つばめの撮影に再チャレンジしましたので、
おってアップしようと思います。(・_-)

10:50:35
ツバメ画像の整理がついた・・・
整理がついたからといって、ボケが治る訳じゃないけど、w
それで再度のレタッチ
レタッチは前回よりも
・画像リサイズを控えめにして大胆にトリミング、
・USMを押さえ気味、
・トーンカーブもコントラストきつくせず、
という感じで仕上げる。

それを画像サイズ150K以内に納めるようにして保存した。
そしたら、階調豊かな画像はブロックノイズがでてる。。
保存してから気づいた。。。(;´Д`)

とりあえず、ツバメが飛んでいる時に思った以上にいろんな表情をしてる。
ってところを見て頂ければと思います。
※写真としてはいまいちというか、だめだめです。
↓同じツバメの種類かはわからんけど、止まっている時の1枚。(数年前に撮影)
つばめ02_10
↓9枚一気貼り
つばめ02_09
つばめ02_08
つばめ02_07
つばめ02_06
つばめ02_05
つばめ02_04
つばめ02_03
つばめ02_02
つばめ02_01

よく見ると尾っぽの長いのと短いのが、、なんででしょう?(^_^;

22:34:15
いまコアジサシを撮るのに超必死である。
っというのも、
このコアジサシ達、営巣してる場所は工事現場と思われる節があり、
この現場は来年にはなくなると予想される。
つまり、近場での撮影チャンスがいよいよなくなるかも!
って感じ。
※ちなみに、最近のコアジサシ達は、
 海岸沿いの工事現場や更地に営巣することが多いそうだ。
それで毎日必死にチャリンコを漕いで撮影に行ってるという訳、
一日の撮影ショットは数百枚、数日で千枚を超えてます。
おかげで、、、、、、、
画像の整理がまったくおいついていない。(;´Д`)
HDDにどんどんたまる一方。。。。
やばいと思いつつもしゃーないと諦めてます。
コアジサシ08_0122

01:43:44
カワセミ撮りに行ったときの話。
カワセミのいる池の前でボケーっと出てくるのを待っていたら。
一緒に来ていた息子が珍しいのを見つけた!と騒いでいる。
俺はカワセミを待ってる方がええねんけど、という心とは裏腹に
「おお、何を見つけたんや!?」と笑顔で対応。(・∀・)
っで、息子の後をついていったら、、、、、、
なっなんじゃこりゃぁぁ!!!
とジーパンのような奇声をあげた訳ではないが、
なんとも奇っ怪なキノコが、、、、
息子:「ノボリリュウっていうねん、食べられるそうやで!」
俺:(・∀・)・・・・・
少し間をおいて
俺:ふ━━( ´_ゝ`)━━ん
ってか、なんで名前知ってるんや!オマエはキノコ博士かい!
と思いつつ数枚撮影。
ノボリリュウ_up
ノボリリュウ2_up
ネットで調べると確かに食用で、食感がほどよいとある。
あらためて、(・∀・)ヘー
なお、このキノコは観察のみで持ち帰っておりません。

23:28:55
わかってました。ほんまに、、
このレンズで小鳥を相手にすることが
とっても難しい!ってことが、、
それでも描写性能がいいから、合焦さえすればトリミングも容易だわ。
と思っていたけど、これではトリミングにも限界が、、、、
↓カワセミの飛んでるところを初めて撮影です。。。っが、小さい。
 これは、1/4ほどにトリミング
カワセミ_03_up
↓っで、こちらは400mmで撮影。こちらのレンズです
遠いカワセミ
↓それをトリミングしてもここまでか、
 これ以上切り取ってもカワセミがアマアマで見られたもんやおまへん
遠いカワセミ(トリ)
注:いずれの画像もカワセミにUSMをたっぷりと掛けてます。

けどま、小鳥を撮るのは難しくても、他にも使えるナイスなレンズであることは言っておきます。

19:12:46
★防府航空祭の画像はこちらにまとめてアップしました。
 ブログに載せた分に加え、数枚追加してます。★


レインフォール、デルタループ、ヴァーティカルキューピッド、スター&クロスといった演技は
スモークを青空に引くことが重要であると思う。あたり前やけど、、、
よって、曇り空では、そんな演技もちょっぴり残念!ということになる。
今回、こういうワイドな演技用に広角ズームを持参したのだが、
撮影した画像を帰って確認したんやけど、
どっどこにブルーのスモークがあるんや?
という具合に探さなあかんような感じだった。(;´Д`)
↓実際、肉眼でも見にくかった・・・画像はノータッチでリサイズのみ
HOFU08_BI_15_VirticalCupid_up00.jpg
なので、ここでも小細工(レタッチ)の出番!
トーンカーブとカラーバランスをいじくり倒し、
ブルーのスモークを無理矢理浮かぶ上がらせた。
こんな感じ、、、
↓ヴァーティカルキューピッド
HOFU08_BI_15_VirticalCupid_up.jpg
↓スター&クロス
HOFU08_BI_23_StartAndCross_up.jpg

23:59:44
防府航空祭は、T-7練習機による編隊飛行など、
他の航空祭にはない魅力があった訳で、
それはそれで良かった訳やけど、
レシプロ、ヘリ、ジェット機は、露出設定が異なるため、
頻繁に設定を変えるという面倒な手番が必要になってしまった。
シャッター速度的に言えば、
ヘリ<レシプロ<<ジェット機
という具合に設定する。そうでないど、
プロペラが止まってしまってオソマツな画像になる。
↓これがその失敗作品。ものの見事にプロペラ止まっている。
HOFU08_T-7_006_up.jpg
こういう場合は、ちょっとした小細工でマシになる。つまりはレタッチですね。
止まっているプロペラにぼかしをかけてやるとどうでしょう?
↓上が元画像で、下がぼかしを入れたモノ。
 あきらかに下の方がいい雰囲気じゃね?(・∀・)
T-7_ぼかし_up
↓それを面倒くさがらずにすべてのプロペラにしてあげるとごらんの通り。
HOFU08_T7-9_01#プロペラぼかし_up
ちょっとしたテクで、いい感じの画像の早変わり!
っでや、悪のりするとこういうことも、( ´,_ゝ`)プ
T-7レッドインパルスによるハイパーファンブレイク?
ヾ(@゜▽゜@)ノあはは
HOFU08_T7-9_01#プロペラぼかし#確認用#2_up
明日は2/2の書き込みます。

19:54:57
以前になんどか被写体としてチャレンジしたものの
撃沈とかそういうレベルではなく
門前払いを食らったのがツバメ。。。(´・ω・`)
恐ろしく俊敏で、次の瞬間どこに飛ぶのかわからん、
なので、望遠レンズを装着したファイダーで追いかけるのはもちろん
AFが合うなんて夢のまた夢という感じだった。
しかし!最近買ったAF-Sな望遠ズームレンズは、
AF速度が手持ち機材ではだんとつで良く、
コアジサシの撮影でも良い画像を次々と提供してくれている訳、
これならいけるんやないの?という訳でチャレンジしてみました。
※正確には別の目的にいった場所で目的のモノにお目にかかれず
 暇をもてあましていたところにツバメが遊んでくれたという感じ、、、
という訳で、約30分間で数百ショットを撮影したが、
ピントはきても完全に掴んだ画像は一枚もなし!
それでもレタッチをしつつ、
十数枚は公開できそうなものが撮れたので掻い摘んでUPします。

↓ピント云々ではなく、手ぶれと被写体ぶれの合わせ技ですな。こりゃ
つばめ_01
↓ツバメが補食する瞬間って、けっこうハデだと初めて知りました。
つばめ_04
↓上空を何度も通過するが、フレームに押さえるのが至難です。
つばめ_05
↓これが最高のショット。これでも被写体はぶれてます。まー仕方ないか、、、
 ※画像はシャープに仕上げてから、リサイズしているからマシに見えますけどね。
つばめ_06
↓空中で何度かこんなシーンを目撃。
 給餌ですよね?(^_^; つまり親子?それともカップル?
つばめ_07(給餌)
↓ほとんどの写真がこんな感じです。フレームに入ってもAFを合わせるのが大変。
つばめ_02(ピンぼけ)

という感じです。
ちなみに、短い時間だったけど、
撮影の後半には俺の1mくらい横を
ツバメが何度もすり抜けていきました。
ちょっと驚きではあるけど、それって俺をおちょくっていたのかな?(・∀・)アハハハ
機会があれば再チャレンジですね。もちろん同じ場所で、、、
ほんとはカワセミを見に来たのだけど、、

20:11:46
最後はブルーインパルス。
しかし、F-4やFA-18あたりの頃だったか?
午前の好天から、午後は曇りに、、、、
その1点が残念だったけど、
演技そのものは、第1区分だったので、素晴らしい飛行でした。
おかげで美保のショックから立ち直ることができました。w
そして、次回は晴天の中で写真を撮りたい!
そんな思いも強くなったのは言うまでもない。(・∀・)
HOFU08_BI_04_FanBreak_up.jpg
リモートのオープニングはファンブレイク。
その後は曇り空ではあるけど、第1区分の演技を披露。
HOFU08_BI_20_DeltaLoop_up.jpg
デルタループはやはり青空が似合いますね。
HOFU08_BI_24_CrossTurn_02_up.jpg
ブルー交差シーンは今回ぜひとも撮りたかった1枚。
できれば両機がクロスして通過した直後を撮りたいですね。
以下はごらんの通りです。
個人的には、まーうまく撮れたんやないの?って感じです。
HOFU08_BI_14_4shipInvert_up.jpg
4シップインバート
HOFU08_BI_25_RollingCombatPitch_up.jpg
ローリングコンバットピッチ
HOFU08_BI_26_CorkScrew_up.jpg
コークスクリュー
HOFU08_BI_27_Final_up.jpg
演技がすべて終了後にも、リモートならでは?の航通飛行の演技で締め。
1番機のパイロットが手を振ってました。
っと、画像みて気づきました。(^_^;

00:10:41
美保基地では、ヘリと共に数少ない飛行をしてくれ、
そして、しっかり演技してくれたのがサニー。
そうエアロックである。
今回は青空の下での演技、まさに爽快の一言ですわ。
青い空とスモークの交差する華麗な演技を見てください。
※写真はへたでもご容赦!w
HOFU08_AIRROCK_01_up.jpg
HOFU08_AIRROCK_03_up.jpg
HOFU08_AIRROCK_04_up.jpg
HOFU08_AIRROCK_05_up.jpg
サニーさん&スタッフの方々、お疲れ様でした。
次は但馬で会いましょう。(・_・+ キラッ

WBにバラツキがあるな。。

23:31:27
航空祭といえば、華麗な飛行展示と地味な地上展示がメインかもしれないが、
自衛隊の航空祭では、ヘリの演習と楽隊の演奏なんかもある訳で、
ヘリはどっちかというと人気がないような気がする。
俺は好きだけどね。
HOFU08_UH-1_01_up.jpg
HOFU08_OH-6_01_up.jpg

その他でもレッドクラブなどの地上での自転車演技なども行う場合があり、
1日いても飽きないようになってる。
といいつつも、うちの子供は途中で飽きるので、
そういう場合はエサ(オモチャなど購入)を与えて活性をあげるようにしている。
(・∀・)アハハハ
そんな展示の中でも、ファンシードリルはなかなか見応えある。
航空学生による地上演技?であるが、
整然として、しかも幾何学的なその演技は、見ていて関心するばかり、
航空祭でファンシードリルをやる場合は、見ることを強くお勧めする。
HOFU08_ファンシードリル_01_up
変な例えだけど方眼紙のような整然とした感じがする。
HOFU08_ファンシードリル_02_up
一糸乱れぬ動作、こればっかりは動画じゃないとまったくもって、そのすばらしさが伝えられない。
HOFU08_ファンシードリル_03_up
後半には空砲の発射も、けっこうな音です。

00:09:16
つづいて戦闘機編
F-2,F-16は機動飛行による展示で迫力満点だが、
この両機のフライトを見比べると圧倒的にF-16の方がクール
F-2は、やや物足りなさを感じた。
そのF-2よりもがっかりなのがF-4、一応、攻撃演習なんだが、
高度が高い、、、
FA-18に関しては、通過のみ、、
という訳で画像を一気張り!
HOFU08_F-2_01_up.jpg
旋回時のベイパー、かっこいいんだけど、遠い・・・
HOFU08_F-2_03_up.jpg
低速からアフターバーナーで一気に加速上昇する瞬間
HOFU08_F-16_03_up.jpg
低空から高空まで激しく動き回ってくれたF-16、ここは低空から一気に急上昇!
HOFU08_F-16_02_up.jpg
最後はタッチアンドゴーで締めくくり、最後までみせてくれました。
HOFU08_F-4_01_up.jpg
まわりの人も高いよーと嘆いたF-4。
旋回時はアップで撮れたけど、ほんとこの瞬間以外はずっと遠い空を飛んでました。
HOFU08_F-4_02_up.jpg
この角度の画像はここいらが限界、
HOFU08_FA-18_01_up.jpg
2機編隊での通過
HOFU08_FA-18_02_up.jpg
着艦フックがでてますね。

23:54:07
防府航空祭の飛行展示といえば、T-7ですか、
プロペラの初級者用の練習機ということだが、編隊飛行はなかなか壮観です。
オープニングフライトは記念塗装を含む4機編隊で、
その後、10機、9機と編隊でやってきます。
HOFU08_T-7_000_up.jpg
オープニングフライトに向け、エンジン添加!
HOFU08_T-7_001_up.jpg
まずは4機編隊。
HOFU08_T-7_003_up.jpg
そして、10機まとめてテイクオフ、滑走路までの行列もなかなか壮観!(・∀・)イイ!!
HOFU08_T-7_004_up.jpg
複数機によるテイクオフ
HOFU08_T-7_005_up.jpg
10機編隊!
HOFU08_T-7_006_up.jpg
9機編隊、ジェットの撮影後に露出設定を変更せずに撮影してしまった。
プロペラが止まってます。(;´Д`)トホホ
このあたりノウハウは後日総括で書く予定。

00:11:39
美保基地と防府基地の撮影の合作です。
美保基地50周年の壁紙にしてみました。
画像はすべて俺の撮影です。
鬼太郎のイラストはC-1の尾翼のヤツを切り抜いてます。
UXGAはこちら
MIHO_KITARO_WALL_UXGA.jpg

SXGAはこちら
MIHO_KITARO_WALL_SXGA.jpg

23:08:51
飛行機の画像を整理する時間がなかなかないんで先にこちらから、、、
航空祭ではいろいろなイベントがあるのだが、
その中でもこれは見ているだけでも面白そう!という感じだった。
※今回は撮影メインだったのでこういうイベントには参加セズ
次回、、、行く機会があれば並ぼうっと、
HOFU08_74式戦車体験試乗_up

そして、せっかく山口まで来たのだからと、近くの温泉まで行って来た。
湯田温泉というところで、防府駅からJRを乗り継いで40分くらいだったか?
目的はもちろん温泉で疲れを癒すことと、そんでオマケでSL山口号を撮影すること
SL▼_up

駅の案内板を見ると近くを流れる一の坂川でホタルが見られるということで、これも撮影に、、
三脚はないので、適当に固定して撮影と、、
山口県山口市一の坂川ホタル_up

疲れを癒すはずが、あちこち動き回り、余計に疲れました。(;´Д`)

22:21:30
美保基地のショックから1週間、
ショックから立ち直るには航空祭に行くしかないと思い、
無理して行ってきました。防府北基地まで、、

とりあえず飛行展示として、
F-2の機動飛行、BIの第3区分以上の実演を楽しみに、

しかし、着いた基地には予想外のうれしい事が!
なんと、あの懐かしい、、、鬼太郎T-400が!!
まー飛ぶことはないだろうけど、晴天の中でみるブルーは
BIのT-4よりも栄えてみてました。(というと大げさやな、、)

それだけでもちょっと気分が良くなったのに
T-4のオープニングフライトのテイクオフが終わると、
T-400のエンジンに火が、、、、、
マヂかい!(・∀・)おおおおおおおおお!

T-7 10機編隊に先立ちテイクオフ、、、
そのまま飛び去った??(;´Д`)
というのは取り越し苦労、航過飛行で戻って参りました!
しかもその背後には、鬼太郎C-1やんけ!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

YS-11は来ませんでしたが、鬼太郎ジェットが2機もやってきてくれました。
ほんとサプライズでした。
美保基地50周年記念カラー(T-400)
美保基地50周年記念カラー(C-1)

できれば、こんな感じが希望でしたが、まーそこまでは言うまい、
※画像は合成です。
HOFU08_MIHO50_03_up.jpg


その他の写真については近日アップします。( ´∀`)

プロフィール

旧姓gb4

Author:旧姓gb4
お越し頂いたのはありがたいのですが、
このブログは更新を停止してまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

機材は一流、腕は三流。
平均二流という
無念なオヤジのブログです。

とは申せ、せっかくお越し頂いたのだし、
気に入った写真とか、
ネタとかがあれば幸いです。

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
FC2カウンター
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。